What’s up?

日々がたとえ繰り返しだとしても、僕はそれを愛しているんだ。

4月号予告(と、言えなくもない。)

今夜も「雑談」で。
雑談ですらないレベルの雑談で。
御茶を濁すことはもう一週間前から分かっていた。

いや、ホントはそろそろライブのレビューをやって行こうかな、とかは考えてたんだけど。

この一週間。
観てただけ。

観っぱなしただけ。

だってさあ。
いちいち止めて、メモって、組み立てて、ってするの、勿体無くて。

『25th沖縄』やった時に痛感して。

kugatsusuiyou.hateblo.jp

kugatsusuiyou.hateblo.jp

この前後編、観てる時間より書いてる時間の方が長いからね。

それは嘘だけど。

でも体感はそんなカンジ。

で。
いまはプレイリスト『namie amuro LIVE STYLE 2019』を聴きながらアタマ殆どお留守でコレ書いてるんだけど。

kugatsusuiyou.hateblo.jp

もう一年経つのかあ。

2020も、やらなくちゃ。

周回遅れ

今年になって。
しれっと。
profileの最後に追加した「軟弱ftm」。

これについて何か書こうか、何書こうか、いつ書こうか、と。
考えてるうちに16日が来て、前回の記事を書き。

また考えているうちに今日になった。

オープンにする事を思い立ったのは年末辺りで。
理由は、超端的に言うと「時間が勿体無いから」。

あと。
なんだろう。

失敗とか、挫折とか、傷つくとか、に。
本気になったのかな。

わからないけど。笑

僕は。
生まれて幸せだと思えるまでもの凄く時間がかかってしまったし。
未だスタート地点でイメトレばかりしてるけど。

きっと。
周回遅れには周回遅れの良いところも、多分ある。

と、信じて。

と、いうような事を。

これから。
時々書いていくね。

 

f:id:kugatsusuiyou:20200123223821j:plain

座右の銘は安室奈美恵

「世界も人間も、あした、どうなっているか分からない」

という、至極当たり前だけど、普段は忘れがちな事を。
年初、まざまざと見せられて。

最近観てなかったライブ映像もだけど。
録画して焼いて安心して放置していた「引退スペシャル」とか「ニュースや特番なんかの彼女の出演(というかVTR)部分を細々と集めて繋いだ映像集」とかも久し振りにたっぷりと観た。

日々の中で、やらなきゃいけない事はもちろん最優先にしなければ、とは思うけど。
やっぱり「好き」の摂取も同じくらい大事。(これ、今回すごく実感した。)

要はバランス。
放っておくと僕は「好き」に果てしなく傾きがちだという自覚を持って、常に自制を心掛けて。

「怖がらず、焦らず
目的が明確であれば、いつかたどりつける」

「何をやってもダメなんだと言う人はきっと、
色んな理由をつけて、まだ必死にはやってないだけかもしれない」

と。
なみーに(エアで、勝手に)叱咤激励されつつ。

毎朝、いちばん好きな彼女の言葉を唱えて、1日は始まる。

「自分らしく、今日の精一杯を」

もうホント。
座右の銘が安室奈美恵、だな。

それでもまだ。

『Do It For Love』までしか。

やっぱり。
観れないんだよなあ。

2020年を始める

明けまして、早5日。

そして今年は。
きっと、かなり更新しない。

限りある時間、なるべく金儲けと、各方面の勉強とに充てたい。
ということで。

まず。
自己満足の極みである「譲渡会のお知らせ」のお知らせをやめる。

その分儲けを出して実弾で支援出来る方がいいに決まってるし。
という方向でがんばる。

なので。
更新はほぼ月一、16日のみになる予定。

安室奈美恵は。
やっぱり。

ずっと、その名を呼んでいたい。

そんなカンジで。

2020年を始める。

 

f:id:kugatsusuiyou:20200105234110j:plain

追記と、駄作と、名盤。

「年内にやること」、このブログに関しては完了。

kugatsusuiyou.hateblo.jp

年々、割りと、少しずつ。
予定をキチンとこなせるようになってきた。

気がする。

と、思わないでもない。

ぼくらの七日間戦争 角川映画 THE BEST [Blu-ray]

ぼくらの七日間戦争 角川映画 THE BEST [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2019/02/08
  • メディア: Blu-ray

若かりし頃の宮沢りえが観たいばっかりに。
いつだったかの深夜のテレビ欄にそのタイトルを見つけて録画。

今日は一日雨で、お散歩にもいけないし。
夕方、何の気なしに見始めたんだけど。

いやあ、30年経っても、色褪せない駄作っぷり。
もう、子供側も大人側も、それぞれにヒドい。

けど。
この頃くらいの宮沢りえは、ほんっとキラキラしていて眩しい。

けど。
もうこれきり、見ることは無いな。

TIME CAPSULE all the singles

TIME CAPSULE all the singles

まあ。
『SEVEN DAYS WAR』をわざわざ聴くことは、今も昔も無いけど。
Disc 1は名曲揃い。

見えない明日に迷う時は
ノアの方舟で二人こぎ出してゆく

Self Control.

ノルマ、あと残り2、がんばる。