What’s up?

日々がたとえ繰り返しだとしても、僕はそれを愛しているんだ。

パスフュ風邪

約10年の間鉄壁を誇った僕の免疫が昨年9月に敗北を喫し。

それから。
たったの半年で、再びの敗北。

namie amuro PAST < FUTURE tour 2010 [DVD]

namie amuro PAST < FUTURE tour 2010 [DVD]

購入した時からディスクに傷がついていたのか、すんなり読み込まれる事は殆ど無く。
二度三度と入れ直してやっとかかる様な状態だったんだけど、それも、今月アタマには全く読み込まなくなった。

けれど。
試しにパソコンにinしたら、そっちではちゃんとかかる。

なので早速クリーナーを買って貰ってデッキのクリーニングをしたんだけど。
やっぱり、レコーダーでは読み込まない。

ええ。
テレビでは観れない、ってだけで。

ええ、ええ。
テレビでは観れない、ってだけ..

おお!
神はなぜ『PAST < FUTURE tour 2010』をお選びになったのか!

で。
子供の頃から「切ったほうがいい」と言われ続けた扁桃腺がまたもや盛大に腫れた。

「フッ、花粉症からやろ」

という、無慈悲な呟きは、僕には聞こえない。

PAST<FUTURE

PAST<FUTURE

彼女のアルバムの中でいちばん好き。

この半年間。
全アルバムを聴き込み、聴き返しして。

これからも。
きっとずっとそうするけれど。

やっぱり。
『PAST<FUTURE』がいちばん好きだな。

袖振り合うも多生の縁

今年こそは物を減らして自室とテレビ周りをスッキリさせよう。
と、一昨年あたりからずっと思ってはいるんだけど。

逆に、増える一方。

せめて借りた物くらいさっさと返そうか、と。
もう一年以上も妹に借りたままのDVD群を手に取り、暫し熟考。

『デュラララ!!』って気分でも無いし..
『BACCANO!』『DRIFTERS』はそれぞれまだあと二周はしたいし..

で。
『夏目友人帳』を第1期から観始めたんだけど。

www.natsume-anime.jp

kugatsusuiyou.hateblo.jp (ちなみに『GANGSTA.』のコミックスはこの記事の直後に買ってもらった。)

第1期の第1話から挨拶代わりのジャブ
いや、サブタイ『猫と友人帳』だし、完全に油断していた。

そこからも次々と涙腺へのクリーンヒットは続き。

鼻や喉の奥が痛くなりながら、「エリエール贅沢保湿」をちぎっては投げしながら観続けて、もうその時点で瞼のHPは残りわずかだったんだけど。

そろそろお散歩の時間。
でもあと一話くらいなら観れるし。
『アサギの琴』かあ。
また泣ける系だったら帰ってからにするけど、これはコメディっぽいし、このまま観ちゃおう。

で。
クリティカルヒット。HP0

近所の顔見知りに会わない事を願って、バンバンに腫れた目で、お散歩へ。

夏目友人帳 Blu-ray Disc BOX

夏目友人帳 Blu-ray Disc BOX

外出前の『夏目友人帳』は、ダメ。ゼッタイ。

「3/3 譲渡会のお知らせ」のお知らせ

『Life ~ from kushiro ~』より。

保護猫たちの譲渡会開催します


とき 3月3日 11時〜15時

ところ シノハラ園芸様
(釧路市花園5-4)
2F フリースペースにて。


◯可愛い猫たちが沢山います。
沢山の方が来てくれますように、、どうかシェアよろしくお願い致します。


◯譲渡会に来れない方、
少し遠いところにお住まいの方でも可能な限り、お届けを、、と、思います。
気になる子がいましたら、ご連絡お待ちしております。


◯猫たちに、ご飯や砂のご支援、どうぞよろしくお願い致します。
子猫用、大人猫用の、メディファス、ピュリナ、サイエンスなど。
固まる砂、システムトイレ用の砂、ペットシートなど


3月3日、お雛様
沢山の良い出会いがありますように、ご協力お願い致します。

との事です。

HPには参加予定のニャンコたちの紹介写真がズラリ。

当たり前だけど。
みんな、それぞれに特徴も人生もある。

お時間ありましたら、ゼヒ。

 

f:id:kugatsusuiyou:20190226223332j:plain

「3/2 譲渡会のお知らせ」のお知らせ

『Life ~ from kushiro ~』より。

札幌にて猫の譲渡会開催


札幌にて、個人のために、、と、日々、かなり頑張っている『キャサリンさん』


釧路の負傷猫を保護してくれ、素敵な飼い主さんを見つけてくれた『キャサリンさん』


先日、Lifeの子に、素敵すぎる飼い主さんを紹介してくれた『キャサリンさん』


この度、譲渡会を開催することになりました。


Life保護の子猫達も、参加しない?と、声をかけてくださり、


有り難い次第です。

f:id:kugatsusuiyou:20190222233042p:plain

キャサリンさんの、ブログより、、


キャサリンの保護猫ダイアリー


沢山の方が来てくれますように、、


猫たちに責任ある優しい飼い主さんとの出会いがありますように、、


シェア、よろしくお願い致します。

との事です。

お時間ありましたら、『Life ~ from kushiro ~』はもちろん、『キャサリンの保護猫ダイアリー』への訪問も、ゼヒ。

ニャクザの桐生さんが可愛いぞ。

さよならのこちら側

先月20日に放送されたNHKスペシャル『平成史スクープドキュメント 第4回 安室奈美恵 最後の告白』を繰り返し、何度も観ている。

www6.nhk.or.jp

何度も何度も観て。
その都度いろいろと思うことはあるけれど。

何を書こうか。
何から書こうか。

考えて。
まず決めたことは。

この番組への文句は書かない。

おそらく。
これが最後になるであろう歌手・安室奈美恵の言葉とその姿を届けてくれた事に。

観終わる頃には、もう。

感謝でいっぱい。

25 THANK YOU I ♡ FUN!

過去映像が幾つか流れたあと。

「お願いしますー」
って、控えめな声でふわりとスタジオに入ってくる感じがまず好き。

そこから。
どうしてこのインタビューを受けてくれたのか?に対して、
「25年間の振り返り、という作業が自分では出来なかったので」
みたいに言っていたけど。

それはきっと、彼女自身にはそれほど必要な事じゃなかったからだと思う。

デビューからずっと。
やれる事をやれる限り、一途に、真摯にやってきて。

セルフプロデュースになってからは。
現在と未来をしっかり考えて、可能な限り見定めて、後はいつものように全力投球。

そうして、一つの仕事を終えたら、次の仕事へ繋げる為の反省をして、課題と目標を見つけて、納得が行くまで調整して準備して、後はまた全力投球。
ずっと、その繰り返しだったと思う。

だから、本人のための「振り返り」はきっと必要ない。

この、短いけれど心のこもった「振り返り」は。
ファンの為なんだよね。

25 THANK YOU I ♡ FUN!

最後まで。
あなたは僕たちを気にかけてくれていた。

本当の始まり

一年間の休業の間に何を思ったか。
その後、小室哲哉を離れて進み始めたとき、どんな心境だったのか。

先の見えない不安の中をたった一人、手探りで歩く。
​やわらかな口調と表情のままで話してくれていたけど。

どれほどの心細さだったろう。

「みんな気に入ってくれていないんじゃないか」

何よりも。
あなたが楽しそう、ていうのが、いつも正解なんだよ。

だからSUITE CHICは大正解だった。
そのキラキラとワクワクを、僕はしっかり受け取った。

ところで、作詞作曲へのチャレンジ。
続けてくれなくてよかった。

天性のしなやかで雄弁なカラダと、その身にも内にも圧倒的な美が備わっている彼女には、作詞作曲なんて、却って表現の幅を狭めるだけ。

「本当に本当に思ったことは言わない」っていつか言っていたように。
彼女は行動で語るか、それもせず秘める人。

歌って、踊る。

そこに全てがある。

「得意 不得意があるなって」(ここ、言い方超カワイイ)
そう言って無邪気に笑った。

挫折、低迷、苦悩──
あの頃メディアはそんな情報で溢れ返っていたけど。

だけどまた絶対に頂点に立つ。
それは確信だった。

だって、彼女は安室奈美恵だからね。

How do you feel now?

「よかったな 頑張って
本当によかったんだなって」

僕はラストツアー自体あまり観ないし、観ても本編までだし。
『How do you feel now?』はまだ一度もちゃんと観ても聴いてもいない。
なみーが引退してしまいそうで…(錯乱)

5年。
いや、10年経ったら。
最後までちゃんと観ようかな。

だけど、このまま。
一生観れないような気もするな。

このまま。
さよならの、こちら側に。

ずっと。
立っていたいな。

 

f:id:kugatsusuiyou:20190216230653j:plain