What’s up?

日々がたとえ繰り返しだとしても、僕はそれを愛しているんだ。

さあ Let's play カクレンボ

因みに。
僕はセルフプロデュース → ユーロ時代 → SUITE CHIC → TK時代の順に好きで。

ええ。
今夜も安室奈美恵です。

PLAY(DVD付)

PLAY(DVD付)

ジャケットがクソカッコいい

まずはコレ。
ジャケットがクソカッコいい。

2回言いましたが。

PLAY

PLAY

撓らせるバージョンも、またイイ。

『HIDE & SEEK』

なので。
これは絶対に映像とセット。

で。
2018年現在でも十分に抜群のスタイルなんだけど。

それよりも更に華奢だった身体に軍服風の衣装を纏い、ポリス帽から片目を覗かせながら踊る彼女は。

神の如く美しい。

『CAN'T SLEEP,CAN'T EAT,I'M SICK』

これ。
重度の恋愛体質の女の子の歌、みたいなんだけど。

全部ダーリン次第のeveryday

なんて言いつつ。
主導権は完全に女の子の方にある。

まったく。
たまんないね。

『STEP WITH IT』

このアルバムを初めて聴いた時に一番好きだったのがこの曲。
もう、ただただカッコイイ。

それから『HIDE & SEEK』の映像を観て逆転してしまったけれど。
純粋に楽曲対決なら、やっぱ今でもこっちかも。

音とかリズムとか言葉の乗せ方とか。
ホント、徹頭徹尾、カッコイイ。

『SHOULD I LOVE HIM?』

僕はほんとにバラードが好きじゃないんだけど。
(『CAN YOU CELEBRATE?』とか『Love Story』とか全然聴かない。)

この曲は初めて聴いた時から今も、ずっと好き。

1、2、3と、互いの違いを数え上げてからの

愛する罪には愛されない罰

というフレーズが、胸に深く刺さる。

例え、世界を敵にまわしても
手には出来ないものもある

生まれ変わって
出会いなおしても

また離れるしかない
巡り合わせもある

だから。

愛する罪には、愛されない罰。

ずっと。

て言う。
名バラード。


f:id:kugatsusuiyou:20180925235523j:plain


さあ。
夜は、これから。