What’s up?

日々がたとえ繰り返しだとしても、僕はそれを愛しているんだ。

namie amuro 25th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA (前編)

先週くらいに今年初の蝉の声を聴いて。
すっかり夏。

でももうその前からずっと、映像でも音のみでも。
ひたすら沖縄、2017、野外ステージ。

何って。
このコンサート映像は、始まった瞬間からいい。

南の海特有の透き通る翠と、傾いた日差しが染め上げる宜野湾の街並み。
波消しブロックに打ち寄せる波と、その向こうの野外ステージにカメラが寄っていく後ろに流れてくる、1音目ですぐにそれと判る『Hero』のイントロとI'll be your hero。
画面右下に浮かんで消える「2017 9/16(SAT)・17(SUN)」の文字までがもう愛おしい。
続いて「沖縄 宜野湾海浜公園 野外特設会場 Okinawa Ginowan Seaside Park」が表示されると、そこで暗転。

次の瞬間、沖縄の抜けるような青い空を背景に野外ステージの上部が映され、笑顔のオーディエンスのカットを挟みながら、暫しバックステージの様子が流れる。

…ああ、背中のホクロも好きだ。

そして湧き上がるなみえコール。
直後に、ステージの左右にある大きなモニターに映し出される円陣。大歓声。

スリー、ツー、ワン、なみえーーーー!!
『TRY ME』のイントロが流れて、彼女の最後の1年の、1日目が始まる。

*以下、彼女の裏テーマ「一人夏フェス」に沿って。

「ユーロビート」ブロック

1 [TRY ME ~私を信じて~]

この登場の瞬間、好き。
リフトで待機している時に纏っているまだ柔らかな空気が、ステージ上に押し上げられた瞬間に驚くほど凛としたオーラに変わる。

この人は色んな能力が突出しているけれど。
中でも「集中力」はきっと桁外れ。

しかし。
これがもう22年前、って。

つうか安室奈美恵、やっぱスゴくない?

2 [ハートに火をつけて]

この曲をちゃんと聴いたのは確か1stアルバムでだと思うんだけど。
2、3回聞いて、そのうち飛ばすようになった。

何だろう、音がチャカチャカし過ぎなのかな?
歌詞のまあまあな古さかな?

DANCE TRACKS VOL.1

DANCE TRACKS VOL.1

  • アーティスト: 安室奈美恵,鈴木計見,小野香代子,渡辺なつみ,及川眠子,売野雅勇,飯塚麻純,Dave Rodgers,星野靖彦,小森田実,小西貴雄
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1995/10/16
  • メディア: CD
  • クリック: 53回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る

だがしかし。
映像は有難く拝見、拝聴。

3 [太陽のSEASON]

大好きの中でも大好き。
(そういう曲多め。)

そして。
曲始まりの決めポーズのあとの笑顔がいつもながらone shot one kill。

で、これとか初期の歌は。
ゼヒともオリジナルも聴いて欲しい。

いまのオトナヴォイスもいいんだけど。
やっぱり。

デビューからTK初期くらいまでの幼さの残る、生意気そうな歌声は、プライスレス。

で。
ここで衣装替え。

その間に流れる歴代MVも尊い。

「新人」ブロック

4 [ミスターU.S.A]

記念すべきデビュー曲。
大好きの中でも大好き。(2回目)

この曲の初聴きは『ORIGINAL TRACKS VOL.1』で。
イントロが鳴った瞬間から好きだった。

続く『恋のキュート・ビート』も、僕が彼女たちを初めて認識した『ダンシング・ジャンク』も、『レインボー・ムーン』も、とにかくこの1996年に発売された初ベストは全曲好き。

ORIGINAL TRACKS VOL.1

ORIGINAL TRACKS VOL.1

『STYLE』以降のアルバムの次に、今でもかなり聴く。

特に、夏に。

5 [愛してマスカット]

あからさまにガムのCMタイアップ曲。
ていう印象しかなかったこの曲。

だからCDでも飛ばしがちだったし、サビ以外そんなに聴いた記憶もないし、だったのが。
『5 Major Domes Tour 2012 -20th Anniversary Best-』のLive音源を聴いてから一転、大好きになった。

何ていうか。
自分の歩いて来た道を、歌ってきた歌を、すべて大切にしているんだな、と。

しかも。
ここでのパフォーマンスもエゲツなく可愛い。

6 [PARADISE TRAIN]

今は大好き。

というのも、この曲もちゃんと聴いたのは確か1stアルバム。
当時はマスカットからかなり間があいてトライミー、っていう印象だったから全然知らなくて。

で。
初めて聴いたのが『PARADISE TRAIN (GROOVY MIX)』
ドンドンドドン、ドンドンドドン、ドンドンドンテケドン..て邪魔でしかないボイスベース。
あれは無いわ。(せめてボリュームな。あと多分上手くない。ていうか必要?)

その後『ORIGINAL TRACKS VOL.1』で改めて聴いていい歌!てなった。

コンサートに戻って。

歌い終わってちょこんとするお辞儀と、そのあとの照れた仕草がほんっとうにカワイイ。

7 [Just You and I]

これは。
彼女でなければスキップ。
(音声のみでは、割とスキップ。)

風に吹かれて、歌う姿と歌声は素敵。

8 [Chit Chat]

Didn't I tell you about yesterday?

からもうカワイさ全開。
始めから終わりまで超ゴキゲンだし。

…シーサーポーズェ…

大好きの中でも大好き。(3回目)

9 [Can You Feel This Love]

朝から繰り返し流される事を考慮してなのか。
この曲は全体的にさらっと聞けてしまって、印象に残りにくい。

だから「LS2014のピース」くらいの見せ場がいつでも欲しいな。

それでもやっぱ。
歌って踊ってるだけで間違いなく可愛いんだけど。

10 [ONLY YOU]

イメージにはなかったけれど。
海沿いの夕暮れの景色と彼女の歌声とが相まって。

この歌は。
夏の終わりにも似合うんだな、と。

一筋のライトに照らされて、幸せそうに寂しそうに歌う彼女を見つめて。

ただ。
もう。

だいすきしか。
出てこないよ。

f:id:kugatsusuiyou:20190716230330j:plain

そして。
『You're my sunshine』の導入を歌って、次のブロックへ。